1期4年間で推進した実績!

免税店の設置で外国人観光客の誘客を!

海外の観光客に県産品を宣伝するため、免税店の設置を県議会で提案。現在、山形市をはじめ県内各地に設置されております。

観光を育てる人材育成

観光を支える人材育成の高等教育機関の設置を提案し現在、山形大学大学院と東北公益文科大学にコース設置が実現しました。

山形空港・羽田便2便化推進

本県の国会議員と首長らとともに山形空港羽田間2便化や2年続いた集中豪雨被害の早期復旧について、太田国土交通大臣と連携し、地域と国のパイプ役として推進しました。

24時間健康相談電話サービスを設置

健康や医療について気軽にいつでも看護師や医師と電話で相談できる無料電話相談ダイヤル「24時間健康・医療相談サービス」を提案。市議会公明党との連携で実現しました。

若者・女性の就労支援するマザーズジョブサポート

若者の働くことへの意識付けや職業紹介の機能を持つワンストップでサポートできる「トータル・ジョブサポート」の設置と子育て世代の女性を応援する「マザーズジョブサポート山形」を実現しました。

国道13号大野目交差点立体化に伴う通学路の安全確保

児童生徒の通学時の安全確保に必要な道幅が取れないとの地域住民の声があり、ガード下の拡幅を実現しました。

ドクターヘリの広域連携運行を実現

2012年11月、ドクターヘリが山形県に就航。飛島や最上地域北部などの地域をカバーできないという課題があり、救急医療体制を確立するため粘り強くドクターヘリの広域連携を提案し、昨年12月、福島、新潟、秋田県の広域連携が整いました。

障がいを持つ児童の放課後児童クラブ(施設)を党のネットワーク力で実現へ

重い障がいを持つ児童・生徒が通う放課後児童クラブの定員を増やしてほしいとの要望を受け、市議会議員、国会議員と連携を図り、平成27年4月、山形市内に新しい施設が完成することになりました。

ページの先頭へ戻る